よしばん 大分県下最大級のSSチェーン

 

沿革

TOP > 沿革

 

昭和25年 「株式会社吉田伴一商店」設立。東洋ゴム工業(株)の大分県特約店としてタイヤ類の販売を始める。
昭和48年 商号を「吉伴株式会社」と変更。
平成8年4月 米良バイパスサービスステーションオープン。
平成8年10月 宇佐中央サービスステーションが「資源エネルギー庁長官賞」を受賞。
平成16年4月 セルフサービスステーション「Dr.Driveセルフ別府境川店」オープン
平成17年1月 大分菱油(株)から「Dr.Drive大分花園店、Dr.Drive別府鶴見店」を継承。
平成17年12月 セルフサービスステーション「Dr.Driveセルフわさだ店」オープン。
平成18年4月 セルフサービスステーション「Dr.Driveセルフ東高城店」オープン。
平成18年12月 セルフサービスステーション「Dr.Driveセルフ別府鶴見店」オープン。
平成19年12月 セルフサービスステーション「Dr.Driveセルフ宇佐バイパス店」オープン。
平成20年9月 (有)上田石油から「ルート210はさまサービスステーション」を継承。
平成21年 中古車販売事業を開始。
平成22年9月 レンタカー事業を開始。
平成25年11月 次世代型の震災対応型ハイブリッドサービスステーション「Dr.Driveセルフ大在店」オープン。
平成28年1月 「Dr.Driveセルフ宇佐中央店」リニューアルオープン。
平成29年2月 株式会社ENEOSフロンティアの完全子会社になると共に、若林重喜が代表取締役社長に就任。

 

 

ページトップ